さすが野沢

2/5(金) 昨日の雪は夜中降っていたようなので、今日は野沢。

ピスラボを除けばほぼ40年ぶり近くになる。

右も左も分からないので(コースだけを滑るならそれでも問題ないはずだけど)、今シーズンは中野に住んで志賀と野沢を滑りまくっている森崎、竹中両氏に案内を頼む。

 

コロナ禍で外人はまったくいないのに、日帰り駐車場には結構車が止まっている。

今シーズンできた長坂ゴンドラは長蛇の列。

さすが野沢。

さっさと日陰ゴンドラへ向かうが、連絡リフトから降りる斜面だけでも深くて軽い超気持ちいいパウダー。

 

こんなきもちのいいとこや

f:id:jukuchou:20210228183627j:plain

 

こんな気持ちのいいとこを滑りまくり、昼食後も斜面の向きさえ選べばドライパウダーにありつけることにビックリ。

あらためて、さすが野沢!!

f:id:jukuchou:20210228183707j:plain

 

アプリにチェックインするのが少し滑ってからになったけど

f:id:jukuchou:20210228183951j:plain

これぐらい滑って終了。

スキー場の端っこしか滑ってないですね。

さかえ倶楽部、恐るべし!!

前々から興味のあった豪雪地帯の「さかえ倶楽部」で、1日だけレッスンの機会をいただいた。

到着時はピーカン。稼働しているリフトは2本だけだけど、きれいに圧雪された斜面はけっこう斜度も距離もあって滑りごたえがありそうだ。

ただし、コース横の林は立ち入り禁止になっていて、セミファットのスキーを履いてきたものの今日は整地のレッスンになりそうだ。

 

標高もないのでナメて薄着で滑り出したのだが、少し曇ってくると結構肌寒い。

10時半頃、雪が降り出したと思ったら、あっという間に本降りに。

昼食を食べてる間に、朝のグルーミングバーンが、なんとパウダーゾーンに様変わりしていた。

別に転んだわけじゃないのに、全身雪まみれ!

f:id:jukuchou:20210228181050j:plain

 

前が見えないほどの降り方。

f:id:jukuchou:20210228181105j:plain

さかえ倶楽部、恐るべし!!

 

聞くところによると、ここはシニアのシーズン券が1万円で日本一安いそうだ。

カニシの好みだけで言えば、こんなところでスクールをやりたいなぁ。

でも、車じゃない人は来るのは大変だろうな。

意外に面白い

日付を書くのを忘れてました。

2度目の根子岳は2/1(月)。

 

2/2(火) 昨日は午後から温度が上がり、今日のオオマツチャンピオンは超湿雪のオフピステ。

でも、これが滑ってみると意外に面白い。

だいたいがオオマツにはこんなところを好んで滑る人は誰もいないので、端から順番に滑り放題。

雪を押し分けていくのにかなりの筋力を使い、明くる日は1時間滑っただけで治療院に直行する羽目になったけど…。

f:id:jukuchou:20210228164738j:plain

 

2度目の根子岳

雪が降り、そこそこ冷えていたので今シーズン2度目の根子岳へ。

樹氷も成長してました。

f:id:jukuchou:20210228164001j:plain

f:id:jukuchou:20210228164015j:plain

今回は大隙間へは行かず、正面の沢を一気滑り。

f:id:jukuchou:20210228164203j:plain

11:30には帰着して午後はオオマツでテレマーク

1月のナカニシ

最初に断っておきますが、2ヶ月近くも前のことを思いだし思いだし書いているだけなので、なんの情報性もありません。ただただ、このコロナ禍のシーズンに自分がどのように過ごしていたかの備忘録のようなものです。

 

12月はあまり滑る気になれなかった。団体レッスンは全滅、一般のコースレッスンの予約もほとんど入らない(パンフレットも作っていないので、当たり前と言えばそれまでですが…)。先の見えないシーズンが、ただウダウダと過ぎていった。

 

でも、お正月に「これではいけない」と思い立ち、たとえ1時間でも1本だけでも、毎日滑ろうと決めた。

雪はたっぷりある、しかもバーンは貸切状態。

これ、週末のホワイトピークですよ!

f:id:jukuchou:20210227161340j:plain

 

1/18 そうだ、去年は1回も行かなかった根子岳へ行こう。コロナのせいでスノーキャットは運行していないから、歩くしかないけど。

久しぶりすぎて(は関係なくただボケてきてるだけか)、奥ダボスの駐車場でグローブを忘れたことに気づいたりしてちょっとで遅れはしたけど、約2時間で山頂へ。そのまま下ってもよかったけど、やっぱり大隙間へ。

トーゼンのことながら、ファーストトラックいただきました。

1月の大隙間はお昼近くなっても気持ちいいパウダー。

f:id:jukuchou:20210227164913j:plain

このあと、登り返しをメンドーがって大明神の沢沿いに下ろうと思ったばっかりにかなりアドベンチャーなことになるのですが、それはそれ。

 

1/20はオオマツ山頂からの北アルプス

このあと、長野から来たおじさんと小一時間も山を見ながら話し込みました。

f:id:jukuchou:20210227165458j:plain

 

1月中、滑らなかったのは家の駐車場の氷割りをしていた1日だけ。

団体レッスンがないと、こんなにもスキーできるんだ。

売上は95%減だけど、それはそれで幸せかも?

感謝

今シーズンに限ったことではありませんが、特にこのコロナ禍の大変なご時世、なんのお手伝いもできないナカニシに、相も変わらず商品を提供してくださるメーカーさんには心から感謝いたします。

パウウェーブさんより、strafeのウェア上下、cairnのヘルメットとゴーグル、BULLAのネックチューブとソックス、ありがとうございます。

ウベックススポーツジャパンからはLEKIのストック(間違えて古いほうを持ってきました)、uvexのヘルメットとゴーグル(今日は被ってなくてごめんなさい)。

ミレーマウンテン・グループ・ジャパンのウェア(今日は着てなくてごめんなさい)。

そして、ヘッドジャパンのスキーとブーツ(は写ってませんね)。

皆様のおかげで、ナカニシはなんとか滑り続けていられます。

 

f:id:jukuchou:20210227154250j:plain

 

巨大ネコタワー

f:id:jukuchou:20200531120240j:plain

 

数年前から、少し強い雨が降ると雨漏りするようになっていた。

発泡スチロールの箱で受けて凌いでいたが、いよいよ屋根の天井が腐ってきて今にも落ちそうになってきた。

収入もなくツライ時期にこれだ。

 

「泣き面に蜂」

 

かずこさん、同じ意味のことわざを二つ挙げなさい。

 

 

それでも玄関の屋根が落っこちてはたまらない。

泣く泣く修理してもらうことにした。

 

工事の職人さんがいない時間帯、チョコと珠は興味津々ではあるけれど…。