読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天気晴朗なれど…

波高し!!

 

本日は昨年に引き続きホエールウォッチングの予定ながら、天気予報によると、海上の波は3m!

船酔い必至に怖じ気づいたN呂さんは(高知の友達と会う約束をしたKOMATSUも)パス。

ナカニシ、nakajima、K美、H川の4人で宇佐の海浜公園へ向かう。

 

 

f:id:jukuchou:20151028145433j:plain

 

 

船長さんと超ベテランっぽいジイさん(船長の親父?)が乗り込んで出港。

半分ぐらいしか聞き取れない高知弁でジイさんが言う。

「3mは沖合の話。今日は波の高くない沿岸を探すから大丈夫」。

確かに、湾の中は静かで、光が差して美しい。

f:id:jukuchou:20151028145414j:plain

 

ところが、ところが、いつもの場所にクジラがいる、という無線が入って、やっぱり沖へ向かうことに。

 

またジイさんが言う。

「今日は北風やからここを回り込んだら追い風になって静かになる」。

ということは、帰りは向かい風でモロに波を受けるんじゃないか、と瞬時に考えたけど、黙っておいた。

「ここはちょっと急やけど、すぐに緩くなるから」と言って滑り出すことが、山では往々にしてあるからだ。

 

 

いつもは1時間半で着くけど、今日は波が高いので2時間ぐらいかかるらしい。

ちょっとうんざりしていると、突然ジイさんが

「ばんどぅや、ばんどぅ!」と叫ぶ。

イルカがいたらしい。

先を争って船首へ。

youtu.be

昨年はクジラは大当たりだったけど、イルカは見られなかった。

これだけでも大満足。

これからは水族館へ行ってもベテランの私たちは「イルカ」などとは呼ばない。

「ばんどぅや、ばんどぅ!」(平坦ではなく、尻上がりの発音で)

 

 

この後、私たちと同年配のご夫婦の奥さんが船酔いでダウン。

よかった、N呂さんを無理やり誘わないで。

船の揺れはどんどん激しくなり、ビニールで側面をおおってもらったけど、しぶきでズボンがビショビショ。

 

 

ようやくポイントに到着。

また、船首に移動してクジラを探す。

3隻の船が集合したけれど(今日は桂浜からは出てないらしい)ウチらの船には心強いジイさんが乗っているので、見つけるのはいつも一番最初。

f:id:jukuchou:20151028153213j:plain

しかも、我々は船首の見えやすいところに出ているけど(もちろん、両手でしがみついてなければならなかったけど)、他の船はお行儀よく船内のイスに座ったまま。

f:id:jukuchou:20151028153136j:plain

これも、ジイさんのおかげか。

 

 

クジラを見つけたら、3隻の船が一斉にその方向に走り出すのだが、どうやらついてない船が1隻あって、その船が向かうと側面にビニールの貼ってある方向にクジラが現れる。

最後に、もう1回見られたら帰ろう、というときに、

「あの船はついてないから、あれの反対側を探したら見つかるかも」と言ったら、本当にnakajimaさんが見つけた。

f:id:jukuchou:20151028153611j:plain

これが一番近づいてくれた。

大揺れでカメラをじっくり構える余裕はなく、昨年ほど写真は撮れなかった。

なんせ、大波に持ち上げられたと思ったら、ドカンと落ち、その反動がもう1回ドカンと来る。

この3枚はK美さんがメールで送ってくれたもの。

 

 

帰りは、私の予想通り。

行きには「スプラッシュマウンテンとどっちが面白い?」なんて言ってたけど、そんなもんじゃなくなった。

幸いなことに!? 我々の三半規管の限界を超えているのだろう。

もう、船酔いもしない。

隣を走る船は、波間に現れては消え、現れては消え…。

youtu.be

 

2時過ぎ、予定よりは少し遅れたけど、無事帰港。

運命を託した星海丸。

f:id:jukuchou:20151028154456j:plain

よくぞ、無事でした。

大当たりだった昨年とは違ったホエールウォッチングを楽しんだ!?