6月の立山史上最高の雪

さすがに2日連続は…。

出発時には稜線は雲がかかっていた。

が、それでも今日は6月の定番、内蔵助カールを目指す。

大走りの尾根の急斜面を登る。

f:id:jukuchou:20170614174249j:plain

 

 

稜線に出る頃は晴れてはいたけど、モクモクと不穏なガスが湧いてくる。

f:id:jukuchou:20170614174448j:plain

 

しかーし、今回の我々は持っていた。

内蔵助カールを富士の折立側に登るうちに斜面はすっきりと晴れ渡った。

3人の滑りを見よ。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

もちろん、私自身の滑りの映像はないのだけど、自分では生涯でも5本の指に数えられるほどのいい滑りができたと思っている。

それほどの斜面と雪質だったのだ。

f:id:jukuchou:20170614175058j:plain

 

 

登り返してもう一本滑りたかったけど、今日は下山しなくてはならないので大走り尾根に引き返す。

 

手前から富士の折立、大汝、雄山。

一番手前の左側が上の写真にある滑った斜面だ。

f:id:jukuchou:20170614175130j:plain

 

もうお昼をとうに過ぎていたけれど、大走りの雪も最高だった。

どれほど気持ちいいかは、フィルムクラストを一度でも滑ったことのある人ならば、3人が滑ったあとの崩れ落ちる雪でわかると思う。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

例年、6月にはもっとも雪質のいい内蔵助カールではあるけれど、今年はとびきりだった。

これだから、身体の続く限り立山通いは止められないなぁ…。

 

広告を非表示にする