読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極楽の旅

いつものように、淡路サービスエリアのミスドで朝食を食べて谷川米穀店へ向かう。

が、今年は徳島道の美馬経由。

讃岐うどんも谷川米穀店だけならこっちの方が早い、ということにようやく気づいた。

トイレ休憩ついでに「みまから」を仕入れる。

 

谷川米穀店の列は例年より短め。

f:id:jukuchou:20160930111658j:plain

これが今年のメンバー。

おっと、この写真はKOMATSU提供。

そう言えば、昨日の福寿館の集合写真もKOMATSU提供。

アブナイ、アブナイ。

無断使用でクレームを付けられたらたまらない。

 

 

f:id:jukuchou:20160930112355j:plain

 

冷たい小と卵入りの温い小を食べる。

卵が余ったので、さらに温い小を追加。

三杯食べてちょうど500円なり。

 

 

直接高知に向かうには早すぎるので、私の妹オススメの祖谷温泉に寄り道。

「家族揃って四国好き」だけに、情報は豊富である。

 

露天風呂の入浴料はケーブルカー代込み? で1700円。

なんと、温泉専用のケーブルで40度超の急斜面(と言うより崖?)を5分ほど下ったところに温泉がある。

 

f:id:jukuchou:20160930112955j:plain

 

f:id:jukuchou:20160930112940j:plain

 

これがなかなか気持ちのいいお湯だった。

ヌメリのあるお湯で、自分の肌がまるでジュンサイになったような気分。

ぬるめなので、いつまでも入ってられる。

f:id:jukuchou:20160930113636j:plain

 

 

温泉でいい気持ちになって睡魔と闘いながら高知へ。

今年のビジネスホテルは少々古めだけど、なんせ市内中心部の好立地。

荷物だけ置いてさっさと本日のメインイベント、ひろめ市場へ向かう。

 

 

まずは乾杯。

f:id:jukuchou:20160930114424j:plain

 

この後、KOMATSUの大学時代の同級生で高知在住のO崎(高知では「ざき」ではなく「さき」と読む。地名の「須崎」や「佐川」等も同じ)さんが合流して5人で飲む。

 

明神丸をはるかにしのぐ塩タタキ。

f:id:jukuchou:20160930115023j:plain

 

初参加のO堀クンも一発でお気に入りの様子。

そりゃそうだわな、夕張でもお気に入りの屋台村の拡大版みたいなもんだから。