読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡の斜面

心配したお天気も大走り尾根の雪もなんとか大丈夫そう。

ただし、雪が少ない分、シール登行にはちょっと手こずる。
 
 
2時間半あまりかかって辿り着いた内蔵助カールの斜面は、他とはまったく違っていわゆる「面ツル」。
 
内蔵助山荘の向こうには剱八ツ峰が見える。

f:id:jukuchou:20160605203827j:image
 
 
いつものように富士の折立側からスタート。
感動の一本。
ビデオはまたウチに帰ってからアップしよう。
 

f:id:jukuchou:20160605204328j:image
 
誰も来ない、まったく私たち3人だけの贅沢な空間でゆっくりランチ。
あとはツボ足で直登だ。
 
M澤さんだけもう一本。
 
 
大走りの尾根に戻る。
 
たまにはスポンサーにサービスカット。

f:id:jukuchou:20160605205242j:image
 
 
ちょっと狭いながらもそこそこ気持ちよく滑れた。

f:id:jukuchou:20160605205405j:image
 
 
大走り尾根上の荒れた雪面を避け、雄山の超急斜面を降りる。
M澤さん。

f:id:jukuchou:20160605210759j:image
 
ポン太くん。

f:id:jukuchou:20160605210906j:image
 
この後が更に大変。
割れた沢に落ちないように一歩ずつ下る。

f:id:jukuchou:20160605211128j:image
 
一カ所だけスキーを脱いだけど、狭くても雪が続いていて良かった。
やっぱり私はある種の運を持っているかも知れない。

f:id:jukuchou:20160605211448j:image
 
 
8時間に及んだ快適でアドベンチャーなツアーも終了。
1日の締めは、大日岳に沈む夕日。

f:id:jukuchou:20160605211854j:image