読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗礼

入山した昨日は1日中ガスで真っ白け。
室堂山荘でウダウダと過ごす。


一転、今日は朝から快晴。
奥大日の山頂に朝日が射す。



今日上がってくる赤オニさんを待ちがてら、山埼カール方面へ向かう。

(LAスキースクール黒川校長撮影)


斜面には一本のシュプールもない。



山埼カール下の大斜面を滑る。
素手ではビデオ撮影ができないほど冷えている。
萬ちゃんの滑り。


M島さんは攻め攻めの滑り。


もう一段下はさらにいい雪だった。
萬ちゃん。


ポン太。


M島さん。



雷鳥沢の下から今滑ってきた雄山前面の斜面を振り返る。


赤オニさんも無事合流して、雷鳥沢を登り剱沢を目指す。
晴れていても空気は冷たく、雪は緩まない。
急斜面のシール登行に苦労しながらも稜線へ。


剱御前小屋へ向かうナイフリッジを行くM島さん。


いつものシチュエーションで剱をバックに。



本日のハイライト、剱御前側から剱沢へ滑り降りる。
が、アイスバーンとクラストが交互に現れる斜面は、これまで滑った中でも相当手強かった。
案の定、突っ込んだ二人はご覧の転倒。



スゴスゴと登り返して引き上げる。
が、今度は雷鳥沢も上部はクラスト。
半分以上、シュテムターンで慎重に降りる。


一番下へ来て、ようやく滑りやすくなったところで、ビデオ撮影。
ポン太君は調子に乗って!? クローチングを組もうとするが、さすがにやめる。


立山のM島さんとポン太君にとっては、なかなか手厳しい立山の洗礼であった。