読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お楽しみは最後に

朝起きたらこんな状態。

昨年に引き続き、ガイド役を買って出てくれたのは火打山の高谷池山荘の勘村さん。

味わい深い顔つきだなぁ。



関温泉も考えたけど、赤倉で十分楽しめると判断。
ゲレンデサイドでご覧のとおり。
まずはテレマークで勘村さん。


続いて飛び込んだのは、今回絶好調のM澤さん。


さらにK美さんも。



チャンピオンAコースとかはオープンした瞬間にコブ斜面のようになってしまったけど、ちょっとはずれるとまだまだオイシー斜面が。

Y田さんが果敢にチャレンジ。

Tちゃん。


O河原さん。


Tさん。


小休止をはさんで、最後は燕温泉へ向かう夏道に向かって滑り込む。


O河原さんのストックが雪に埋もれてしまったり、多少のドラマはあったものの、クライマックスは帰り道。
夏道のトンネルをくぐって、赤倉スキー場へ戻るはずが…。


トンネルの入り口は狭く、中は雪がないので一人ずつ横滑りで降りていく。


中はこんな感じで出口付近は完全に埋もれている。(暗いのでブレブレだけど)。


人ひとりだけようやく通れるほどの穴を発見。
まず、勘村さんが上がり、スキーと荷物を放り出してひとりずつ脱出。
チリの落盤事故の現場のよう。


この動画は、リングのテーマを口ずさみながらご覧ください。
「♪来る、きっと来る…」。


最大の難関。
大丈夫か? Tさん。

胎内くぐりをして生まれ変わってきたよう。


這い出してきた穴は5m離れるとまったくわからなくなる。
赤倉スキー場から発見するのはムリ。


やっぱり、最後に最大の冒険が待っていたなかにしスキー塾のツアー。
参加者の皆様、お疲れ様でした。