読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予定調和!? の記者会見

先日の国連における安倍総理の会見が、あまりにトンチンカンだったことは先日記した。
「難民」と「移民」を混同しているのか、それともここでホンネを漏らすわけにはいかないから問題をすり替えてごまかしたのか…。
しかし、いくら安倍総理がお勉強ができないといっても、この質疑応答は酷すぎると思っていたら、実はこういう事だったらしい。

http://www.npo-iasia.org/archive/2015/10/abe-conference.html


> 今回入手した資料は会見前に準備されていたもので、
> それによると、日本のメディアの記者と外国メディアの記者が交互に、
> 5人まで質問することが決まっていた。
> 極めて興味深いのは、その資料には、質問者の名前とともに、
> 質問内容まで書かれていたことだ。


> これについて、初めて日本の総理の会見に出たというアメリカの雑誌記者は
> 驚きを隠さない。
> 「質問事項をあらかじめ提出しろということですから驚きました。
> そんなことは、アメリカでは記者倫理に違反する行為です。
> ところが、それは日本の政府と記者との間では常に行われている
> ことだというではありませんか。
> 本気かよ?と思ったのは私だけじゃありませんよ」


> 記者会見というのは市民を代表してジャーナリストが権力者に挑む場だ
> というのは、アメリカにおいては一般の人も知っている常識です。
> しかし、残念ながら、日本の権力者の会見はそうではなかった。
> 質問内容は権力側が予め検閲し、その答弁は予め準備されており、
> 会見はその通りに行われる...ちょっと信じられません


> 予め決められていた質問は、「アベノミクス2.0の新しい3本の矢は、
> なぜこれを選んだのか。また、具体的に何をしようと考えているのか」で、
> 安倍首相が準備されていた内容を答えている。


なるほど!

それに続いて、「もう1つ、質問が有る。あなたはシリアの難民問題で支援を表明したが、なぜ難民を受け入れないのか?」などと聞かれたもんだから、しどろもどろになっちゃったんだね。


参議院でも野党の質問時間を削り、与党の議員たちに自分に都合のいいヨイショ質問ばかりさせて答弁してる風を装ってるもんだから、こんなになっちゃうんだな。
国会答弁は、完了の準備した原稿を読み上げるだけ?
いわゆる「コピペ」ですな。
日頃のトレーニングができていない、と言うべきか。


しかし、日本のマスコミは、こういう事をちゃんと取り上げて、なぜもっと問題視しないのだろう?
気にしてるのは私だけ?

言葉尻を捕まえるとか、揚げ足をとるとか、いわゆる「失言問題」のようなもんじゃないですよ。
我が国の首相ともあろう人が、「私は総理大臣ですよ」と無意味に!? 胸を張っていた人が、実はこんなレベルだったんですよ。


アベ信者!? 諸君の反論を待つ。