読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大変申し訳ありませんでした

f:id:jukuchou:20150920141303j:plain

 

先日、失礼極まりないことをぬかしてしまいました。

 

「さすがに分が悪く、勝て、というのはムリな注文かも知れない」

 

 

とんでもありませんでした。

エディ・ジャパンはWC優勝2回、世界ランキング3位の南アフリカと、正々堂々と渡り合い、そして勝利をつかみ取りました。

自分自身の見る目のなさ、お恥ずかしい限りです。

 

 

大変申し訳ありませんでした。

 

南アフリカに勝つ、ということは、サッカーで言えば、ブラジルやドイツに勝つようなものです。

いや、点数のあまり入らないサッカーより、もっと難しいに違いありません。

 

しかも、ただただ防戦一方の試合とはまったく違いました。

守り抜いて最後にペナルティキックでポロッと勝ってしまう、そんな試合ではまったくありませんでした。

 

 

互角に渡り合い、3点リードされた試合終了間際でも、相手ゴールライン前でペナルティを獲得したにも関わらず、当然同点を狙うペナルティキックかと思いきや、ジャパンは何度も何度も挑み続け、ついに逆転のトライに繋げました。

その瞬間、思わず大声を張り上げてしまい、2匹の猫と息子が、それぞれ部屋から飛び出してきてしまいました。

 

 

30年以上前になりますが、フランス代表が来日したとき、日本代表との試合を花園に見に行きました。

結果はもちろん惨敗。

フランスのバックスの選手に、日本のフォワードがハンドオフで2人、3人と跳ね飛ばされてトライを奪われるという、大人と子供の試合のようでした。

 

 

その日本がこの勝利。

トシをとって涙腺が弱くなっているせいもありますが、涙が止まりません。

TVのアナウンサーの声もなんだかヘンです。

ひょっとして、泣いているのでしょうか?

 

 

バンザイ!

おめでとう!

ありがとう!