読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々の大所帯

23(土)~24(日)は乗鞍岳

日曜日の天気は心配だけど、今日はそこそこ良さそうだ。

 

4名を上田駅でピックアップして、朴の木平へ向かう。

朝イチの新幹線では、乗鞍高原からの春山バスに間に合わない。

朴の木平で車で来る3名と合流し、11時前のバスで上がる。

 

今年は何処も同じで雪が少ない。

畳平からコロナ観測所へ向かって歩くが、観測所の前からは滑り出せないので、手前の富士見岳の斜面をまず一本。

雪はザラメでよく滑る。

多少縦ミゾのガタガタはあるが、それほど苦にはならない。

 

 

大雪渓下からシールで登り返し。

後ろを振り返れば、槍・穂高が見える。

f:id:jukuchou:20150526173728j:plain

 

ライチョウ発見。

そろそろ交尾の季節かなぁ。

まだオスだけだったけど。

先週、立山ライチョウはまだ白かったけど、こちらはほぼ茶色くなって、ガレ場では分かりにくい。

写真の真ん中辺り、雪のすぐ右側にいる。

f:id:jukuchou:20150526174030j:plain

 

稜線の少し下まで登ったところで本日は時間切れ。

f:id:jukuchou:20150526173845j:plain

 

もう一本滑ったあとは、肩の小屋へ登り返し、畳平へ戻らなければならない。

思いの外時間がかかり、最終バスにようやっと間に合った。

 

 

 

日曜日は朝イチのバスで位ヶ原へ。

天気予報に反して、昨日よりお天気はいいぐらいだ。

そこからゆっくりゆっくり約3時間ほど登って剣ヶ峰の山頂直下まで。

 

噴煙の上がる御嶽山を見に山頂へ。

f:id:jukuchou:20150526174548j:plain

 

お二人だけ登頂。

f:id:jukuchou:20150526174730j:plain

 

 

さて、その後は山頂直下からの道路の手前までイッキ滑り。

3時間の登りをわずか1分そこそこで滑ってしまう。

もったいない、という人もいるかもしれないけど、そこは価値観の違い。

苦労して登ったからこそ、チマチマせずにイッキに滑りたい。

それこそそんじょそこらのゲレンデではできない、山スキーならではの醍醐味だ。

f:id:jukuchou:20150526175103j:plain

下に着く頃には、ほとんどの人の太腿は燃えていたに違いない。

f:id:jukuchou:20150526175422j:plain