読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国へ

昨夜の食べ過ぎの胃もたれ&寝不足で体調不良ながら、5時半過ぎに奈良を出る。
赤オニさん、NAKAJIMAさん、KOMATSUさんを順番にピックアップして、H川さんが待つ高松空港へ。


車の中では、なかにしスキー塾の中でも唯一名前をアルファベットで表記される二大巨匠の掛け合いが続く。

NAKAJIMA「私、KOMATSUの携帯の番号の登録は『クレーマー』」
KOMATSU「NAKAJIMAさんのは『アハン姐さん』やし」

NAKAJIMA「私、こう見えて神経質だから」
KOMATSU「それって、神経質のとらえ方自体が世間とかけ離れてるんじゃないの?」

NAKAJIMA「石川遼君は、マスコミに『もてあそばれた』時期があったし…」
KOMATSU「それを言うなら「もてはやされた』やろ」
あまりに飛ばす二人をもてあまし気味の男性陣…。


四国上陸後初の食事は、お約束の谷川米穀店。
うどん自体は、最近イマイチ味が落ちたような気もしないでもないけれど、あの唐辛子の薬味は絶品。
「冷たい小」と「温い大」の二杯を平らげて満腹。


直接高知へ向かうには時間も早すぎるので「みまから」を求めて美馬へ。
じゃこ入りのみまからを発見。
お茶漬けにかけたらとっても美味そうだ。


「半田そうめん祭り」の幟を見つけてそちらへ向かうものの、祭りは明日らしい。
仕方なく「うだつが上がらない」の語源の「うだつ」、それも「二重うだつ」の街並みを見に貞光町へ。


車から降りることもなく「二重うだつ」見学して、なんだかイキオイで剣山へ向かう。
相変わらず、行き当たりばったり。
が、剣山付近の紅葉はちょうど見頃でラッキー。

ついでなので、登山リフトで上がり、10分間登山!?



山道を延々走り、高知へ向かう。
途中、ちょっと面白そうな乗り物を見つけた。


赤オニさん、なんだかカワイイ。
CMHのときのクマのかぶりもの(http://d.hatena.ne.jp/jukuchou/20140422)も可愛かったし…。


高知の夜は、やっぱり「ひろめ市場」。

今日はハロウィンの仮装大会なんかやってたもんだからメチャ混みだったけど、なんとか席を確保して、カツオの塩タタキやらじゃこ天やら玉子焼きやら、やっぱり美味いもんをたらふく食す。

明日は、いよいよホエールウォッチングだ。