読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスト

2014シーズン最後の山スキーは乗鞍。
前回と同じように上田駅でY田さんをピックアップして乗鞍へ向かう。
9:55三本滝発のバス乗車を目指すが、今回はさすがに間に合わなかった。
道交法通りに走れば、トーゼンと言えばトーゼンのことなんだけど…。
朴の木へまわろうかとも思ったけど、この時期こちら側からなら大雪渓下までバスで行けるので、2時間待ってでもこっちから登った方がいいと判断。
ただ待ってるのも退屈なので、久しぶりに三本滝へハイキング。

ちょうどいいウォーミングアップと高度順化!? ができた。


またまた、三本滝のトイレで面白い張り紙を発見。

なんでわざわざ「クツ」をカタカナにするのだろう。
「ク」の横棒をもう少し伸ばしたくなる。



12:05のバスで上がる。
シール登行の準備をしていると、どこかのおじさんが近づいてきて
「いいタイミングで上がってきましたね。午前中はガスで10m先も見えず、おまけに強風で寒くて寒くて…。あきらめて降りた人もいましたよ」。
乗り遅れてラッキーだったということか。


晴れてきたので、稜線まで上がる。
ここからなら1時間半。
楽勝だ。


つい20日前は剣ヶ峰の直下までびっしり雪が付いていたのに、今回は蚕玉岳(こだまだけ)の下でさえ途切れそうになっている。
もう、山スキーのシーズンも終わりに近づいているなぁ。
氷が溶けかけた権現池が美しい。


稜線上はスキーを担ぐ。

なんとなく、南米の山にアタックする感じ。
もちろん、ビシッとヘルメットをかぶったポン太君がアタック隊員で、Y田さんがポーター!?



雪面はかなりきれいで、縦ミゾやスプーンカットのガタガタはほとんどない。
長い距離を快適に滑れた。



乗鞍のお楽しみは、何と言ってもやぐらのご飯。

写真の料理に加えて、山菜の味噌汁。
これがまぁ、鍋のフタを開けた途端にウドの香りが漂ってきて、絶品!
三人で何度もおかわりをしながら完食。
今年はこのご飯を食べるために!? あと2回やぐらに伺います。
7/26(土)〜27(日)のサマースキー。
10/4(土)〜5(日)(予定)のキノコ狩り。


最終日は朝から快晴。

あまりにお天気がいいので、もう一度稜線まで登る。
昨日とほぼ同じコースを1本滑って昼食を食べ、今度は肩の小屋まで登り返し。
畳平への夏道を少し歩いたところから最後のドロップイン。
お天気にも恵まれて、シーズン最後のスキーを締めくくることができた。